ウィルス対策と空気清浄機を置く位置の動画解説&ブルエアー

どうも、川瀬です。

突然ですが、僕は…

アレルギー持ちです。

埃とか、ちょっと空気が重いとこに行くと、頭がぼーっとして思考の回転速度が落ちてしまう。

だから、空気の清浄感にはかなり気を使います。

あなたはどうでしょう?

悪い空気が漂う空間といえば、「陰」の空気が漂う所

・寂れた人気のない洋館

・縁切り神社のように怨念めいた人外なる何かを感じる空間

・湿気の多く感じる締め切った空間

・夜の墓地

・埃まみれの鼻がウズウズする所



極端な例ですが、
人は必ず空間からエネルギーを受けて生きています。

質の悪い重い空気を吸い続けると疲労回復に大きな差が出てしまいます。

それに上記の異質な空気のように、「念」を含んだ場所の空気を浴び続けていたら、謎の病気から運気が下がることもある。


努力をしてきたと言っても空気清浄機を開発することはできなから、既存の製品を使って、どこに置くと効果的かを今回は紹介しましょう。

Googleを見習うべし



彼らの会社は集中力の高い空間=快適な空間という本質を押さえているから、座り心地のよい椅子や、バスケットボール場まである。

もし、自宅を仕事場にしているなら、部屋の清浄感は売り上げに直結するといってもいいくらいに集中力に差が出る。

殺伐とした怒りの空気が満ちたオフィスなら、情動共鳴を起こして怒りが伝播することだってある。

Googleのオフィスが自由な空間を演出してるのは、情動共鳴を起こさないためでもある。

つまり、

空気というのは、見えないだけで凄まじく我々に影響を与えているということです。

アレルギーとして脳にダメージを与えることもあるし、念を波動レベルで受けて運気が下がることもある。

僕は個人的には特殊な線香を焚いたり、人に念を祓うこともやっていますが、今回はもっと身近な空気清浄機について。

数多くある空気清浄機のNo. 1はどれか



僕が知ってるうえでのNo.1をお伝えしたい。

・コスパ

・機能性

・おしゃれ感

この三つを基準に僕がお勧めしたいのは、『ブルーエアー』という会社。

空気を綺麗にする世界基準があって、これを満たしてる製品は意外と少ないのです。「ブルーエアー」は基準を満たしてるからok。

次の問題は、どこに置くと効果的をより発揮することができるか。


空気清浄機を置く場所



仮に空気清浄機が一つしか置けず動かせない。そんな謎の縛りがあれば、間違いなく置く場所は「寝室」です。

疲労回復という視点で考えれば、睡眠中は酸素を吸って寝ているだけ。

空気の質と睡眠の質は「=」と言っても大げさじゃない。優先順位としては寝室に置いてほしい。

じゃあ寝室ならどこでもokかというと…

やっぱりルールがある。

だからこの記事では、空気清浄機を「どの位置に置くべきか」の動画をご紹介しようと思う。

空気清浄機の効果と重要性



結論から言うと、空気清浄機は一家に1台は必要。


1.睡眠の質が爆上げされる

2.ここは森林なの?と勘違いするくらいの清浄感に包まれる

3.なんだか頭の回転が早くなる気がする


「脳に良質な酸素が送られる」ことで生まれる現象です。

前にあったアメリカの研究で、人は知らないうちに目に見えない炎症物質を吸いこんで脳に微弱な炎症を生んでる。

つまり、埃やタバコの煙、花粉といった炎症物質を吸い込むことで、脳に弱い炎症を起こし、頭の回転が落ちて、疲れが取れにくいことが研究で発表されたのです。

これはインパクトのある話で。仕事で調子が出ない原因が、炎症物質を吸い込んだことで脳に微弱な炎症を起こしてるかもしれない。という説。

それに、空気清浄機にもよりますが、邪気や念を軽減させてくれる効果もあるんです。非公式ですけどね。

脳の活動に必要な栄養素の95%は〇〇



いきなり〇〇の答えから入りますが、
脳が正常に働く為に必要な要素の95%は「酸素」です。

最近ではスマホの普及で、背中を丸めながら歩いてる人が多いから脳が慢性的な酸素不足だと言われてるんです。

酸素ってマジで重要ですからね。

そして、よい酸素を効率よく取り入れるには家についてを知る必要があります。

だって、家によって形があるから。

こんな家

こんな家

こんな家

色んな間取りがあるわけです。

空気清浄機の置き方動画


これから紹介する動画は、メルマガ内で特典で作ったレポートから派生した動画です。

内容は、ブルーエア空気清浄機をモデルに、

・何を基準に選ぶのか
・モーターの位置はどこか
・どのランクを選ぶべきか
・価格帯で選ぶべきか
・部屋ごとの設置場所はどこか

これらを動画解説したものです。

ではどうぞ。





公式メルマガ特典ページ ↓









ポチっと押してくれるとコレ幸い


人気ブログランキングへ

別窓で開きます。
こっちも押してくれると..また幸い
にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA