睡眠マインドセット

こんにちは流大師です。

今回は「睡眠」をテーマでお話します。

面白いことに、
どんな有名企業の人や起業家や優秀と呼ばれる人達には一つの共通点があって、
それは睡眠の技術を自分なりに持っていることです。

 

極端な例かもしれませんが、
歴史で奇才を放った、

 

・レオナルド・ダヴィンチ
・ナポレオン・ボナパルト
・トーマス・エジソン
・スティーブ・ジョブズ
・ビル・ゲイツ

 

と多くの変態どもは約4時間睡眠が平均です。 ナポレオンや、ダヴィンチは更に短いですが、偉人さんは4時間くらいが多く中には、4時間を別の時間帯で2回取る人もいました。

 

でも、キーワードは4時間なのです。

 

 

では。
そもそも何で人は寝るのか考えてみましょう。

・美容のため
・健康のため
・明日に疲れを残さないため
・成長のため
・安全運転するため

様々な理由があるけど、
ここでは集中力を上げて様々な効率を上げる為の睡眠の話しをしたいと思います。

 

集中力が保てないのは、

ベットから出れない呪いを解いてないから

 

その呪いの為に、
朝置きても布団でモジモジしたり、もうちょっとだけ…

そんな覚えがある人は呪いにかかってる証拠ですね。

 

そんな人は、
悪霊退散!!って感じで塩をばらまいてみましょう(笑)
掃除がめんどーですけど。

でも、それも浄化の作用があっていいんですよ。
神話でも「塩や水」は浄化の象徴のようなものです。

 

身を清める為に神事で行われる禊(みそぎ)では、
滝行をしたり、
冬の海で身体を水で流したり、
参拝の前に神社の水で手を洗うように、

水には余分なモノを落とす効果があります。

 

風呂に入ったらさっぱりするし、
シャンプーでも「すすぎ」がダメだと皮脂が落ちにくい。
落とすには「水」が欠かせないんです。

石鹸も「油」と「ナトリウム」の水酸化ナトリウムでできてますからね。

 

 

実際のところ、寝室に塩を撒けってことでは無いんですが、
神道の禊のように、寝室を神聖な場として扱うことが大事なんです。

寝室を綺麗にしろ!とゆーかは、寝室を神殿だと思うべし!

短眠で集中力を上げるには、
寝室での行いがかなり影響されます。

 

それは、
「脳は行為と場所をセットで記憶する」

 

この性質が人にはあって、
この性質を理解してないと、呪いの解除ができないのです。

その呪いはとは….
「寝室は寝るだけの場所なんだ」と思い込ませていないこと。

 

つまり、
呪い=寝室での記憶なんです。

 

 

ベットや布団に入ってからスマホをいじったり、
本を読んだり、頭を使い考え事をしてしまうと、

寝室は、頭を使う場所。という記憶と言う名の呪いがかけられて
睡眠の質が下がってしまいます。

 

集中力を上げるにば、集中できる睡眠環境を整えることが何より大事。
その前提がある上で様々ノウハウ的なコトが生きてくるので、
これを徹底することです。

 

中には、寝室の四隅に塩を置いてる人はいます。
家に行って四隅に塩が置いてたらなかなかパンチがありますが、
確かに空気を浄化する作用があります。

 

僕は岩塩のランプを置いてます。
滅多にランプを使ってないですが、塩を置いてるだけで空気感が変わるので、
置いた当初は寝覚めの違いを敏感に感じることがきました。

 

しかも、
この寝覚めの感覚が1日のスタートダッシュに大きな影響が出るので、
夜にベットの中でダラダラしてたら、ダラダラが脳にセットされて、
寝起きもダラダラします。

 

細かなコトですけど、
この習慣的な少しの工夫が仕事のクオリティを上げてくれます。

寝る15分前には電気機器を使わない。
と言われてるのも脳と行動のセットの関係ですね。

 

睡眠の質を上げる方法は様々あるけど、
まずは、寝室を神殿の如く扱う意識を持つことですね。

神殿ではスマホを使わない気がしますから。。。。(多分)
 
 

川瀬のエネルギー研究所

 








 
ポチっと押してくれるとコレ幸い

人気ブログランキングへ

 

別窓で開きます。
こっちも押してくれると..また幸い
にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA