身体優位の人達へ

最近ある人から、

「好きなコトをしてるんだけど、なかなかモチベーションが上がらない…」

と相談を受けました。

 

 

そこで、
唸るほどに人を診てきた経験から言わせてもううと、

・頭で思考する人
・心で思考する人
・体で思考する人

そんな3タイプの人がいます。

 

 

「思考は現実化する」

と有名な書籍があるように、
どこを優位で感じて考えて、実感としての身体感覚に落とすかで、
現実もモチベーションも変わるのだと思んです。

 

ただタイプが違うだけ。
このタイプを間違えるとなかなか上手くいかない。

 

やる気とか、気合いってのは有限で、限りがあるもモノと言われています。

意志力は有限である。
みたいな言葉が残されていて、
人はやっぱり楽な方に楽な方に流されていくんですね。

 

例えば子供なんかが分かりやすいです。
栄養バランスを考て作ってくれたお母さんが色んな物を食べなさい!

と言っても、好きな物ばかり食べます。
ちなみに、子供は一旦お菓子の味を覚えたら、お菓子が大好きになります。
お菓子が美味しいと感じるからで、でもその本質は、

 

糖質は身体の代謝が早いから楽に代謝できるから、
身体が欲する。っての本質なんです。

だから脳が要求する。

 

ダイエットでもそう。
なかなか続かないのも意志の力では無くて、脳を騙すくらいの
身体にまで響く衝撃がいるんです。

 

その理由付け、記憶、意志を身体に宿すには、
3タイプある。

・頭で思考する人
・心で思考する人
・体で思考する人

これです。

 

 

前時代というか、
これまでは頭で思考する人が活躍していたように感じていて、
そこで、上手くいった人の話しや方法を聞いて、

上手くいった人
上手くいかなかった行かなかった人

の違いはお互いのタイプが違うだけで、モチベーションも同じようなことが
言えると思います。

 

僕は、鍼灸師として15年くらい飯を食ってきました。

バリバリの体で思考するタイプで、
とりあえずやってみて、感覚を言葉にして考えたてます。

そこで、フト。

隣の芝生は青い。じゃないですけど狭く専門性に特化してきたことで、
自分に幅が足りないと思い色んな世界を見にいくと、

そこには色んな形の成功があって、
成功論?でよく言われるコトが、

成功するには真似することが大事

これは間違いないと思います。
僕も師匠に憧れて真似しまくってパクりまくってました。

 

パクリの技術も大事なんですが、
どう真似するかに秘訣があるように感じています。

職人の世界だから、見て学んで、やってみて…シバかれて覚えていったタイプ(笑)

この職人的な非人道的な教え方が誰にでも合うわけでもなく、
去っていった兄弟子は沢山いて、芽が出ない人を観察して気付いたことは、

 

成りたい憧れ像とタイプは別物

 

たまたま僕は業界や教えてくれるタイプが合っただけで、
運が良かったなと。今更ながらに思う。

やっぱり、人は何か前に進んだ実感が無いと、
なかなかモチベーションが続かないもので、
放っとくと楽な方へ楽な方へ流されるのが人間です。

 

定期的に刺激を入れていくのがポイントでも、
もっと大事なことは自分にあった刺激を入れるってことですね。

 

昔は、俺ができたんだから、お前もできるだろ!っと押し付けて教えてきたコトもあってそれには反省しか無い…

 

師匠を間違えると成長どころか、道を誤ることもある(笑)
言い換えれば沢山の成功パターンがあるってことですね。

 

結局は、タイプによって教え方も教わり方も変わるから、
凄い単純なことだけど….

「体感覚優位」の人にしか教えれねーんだ。

 

ってコトに気付いたのは実は最近の話し(笑)

 

自分がどんな適正なのか?
教えてくれる人はどんなタイプなのか?
今まで何かを学んでしっくり来た人はどんなタイプだったのか?

この適正を見極めるのはホントに大事。

 

結果的に

一番、結果が出る方法と、モチベーションが上がる方法は同じ

ということです。

今、何か物事が行き詰まって便秘状態の人は、
自分の身の回りの環境に目を向けてみるのが近道かもしれないですね。

 
 

川瀬のエネルギー研究所

 








 
ポチっと押してくれるとコレ幸い

人気ブログランキングへ

 

別窓で開きます。
こっちも押してくれると..また幸い
にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA