ガンと空間の方法論

こんにちは、流大師の川瀬正記です。

今回は、「治る病気と治らない病気」の話しをしたいと思います。

のっけから、ヘビーな話ですけど、
死亡率が最も高いのは「ガン・悪性腫瘍」です。

それらを治す秘訣は「手を抜かないこと」です。

 

スクリーンショット 2015-08-13 22.00.40

 

私自身は、ガンをどーやったら治すか?とかは、あまり意識したことが無くて、

この人に何をすれば良くなるのか?

これをひたすら考えてきました。

 

 

病気で一括りにすると、
その人が見えなくなるけど、自宅に行けばよく分かります。

 

同じ病名でも、生活から環境から受けてる影響は10人いたら10人とも違う。

 

体がキツイ時に、不満タラタラ言ってる人と、
体がキツくても、周りに気を使ってる人とでは、空間のエネルギーや雰囲気はかなり変わってきます。

ぶっちゃけ、身体がキツイだろうけど、
聞いてる方もキツイから。

 

そんな自分も周りも、起きてる結果を変えるには重要なポイントがあります。


人と、空間(場)と、治療(方法論)を分けて考えるコト。

 

で、混ざり合って出てる問題を見抜くことです。

 

 

元気な人には分かり難いかもしれないけど、
病気の人に関わると「人が空間に与える影響の強さ」が体感で伝わります。

 

住人の意識も病気に向いてることで、
家の雰囲気の「気」を病人が支配してしまうと、

改めて、人の持つ「気」や「意識」の影響力は強力だと感じてしまいますね。

 

ちなみに、
儲かって無い空間に行くとスグに分かります。
ほぼほぼ店主やオーナーから発する「気」がよろしくない。

 

そして、身体が固い。めちゃくちゃ固い。

 

脳科学でも身体の固さと頭の柔軟性の無さは比例する。と言われてるのも嘘でないなと。

 

つまり、
空間をデザインする技術として風水を施しても、
その空間にいる「人」がダメなら風水も効果が出ないですね。

その場合は、人や家、店、会社のデトックスが必要になってきます。

 

生き死にを少ないなりにも診てきて思うのは、
人の治療も、空間の治療も両方すべきだと。

 

だって、極限までいくと、人の影響もあって猛烈に「場」が荒れてますから。

 

極限だから影響が出るのではなく、分かりやすく出るだけですね。

 

場が荒れると、人間関係も金銭関係も大きく乱れてきます。
何をやっても八方塞がりの結果を変えるには「手を抜かないこと」だと思うんです。

 

日経ニュースか何かで、明石家さんまさんが一流と呼ばれる理由とは?
そんなタイトルの記事を業界の人がリーダーシップの目線で書いた記事を読みました。

 

話を要約すると、
番組作りは視聴率を勝ち取る為の戦いであり、
長寿番組を持つには理由があった。

 

芸のスキルが有るのは当然で、それ以上に、カメラが回っていない舞台裏で、
番組を支えるスタッフや共演者を巻き込んでチーム一丸になる為の細かな配慮を徹底的にしていることが、帝王たるスゴイと言われる理由だと。

 

つまり、
長きに渡って「たまたま」は有り得ない。

 

最初のスタートには「個人」の力がモノを言うけど、
結局は「周りの環境を整える」コトを怠れば勝ち続けるコトはできない。

 

番組作りでも、ビジネスでも、病気でも何でも同じだと思います。

 

人の生き死にを最初に経験した時から、
場を空間を整えるコトで生まれる影響力を学んで、
常に住む家や、仕事場の環境を一緒に整えるコトをしてきました。

 

人を変えるのは難しくても、空間をデザインするコトは難しくないし、
結果を変えたいのなら、その空間に居るだけでいい影響が出るように、
自分も、周りも、「同時に治療すべき」ですね。

 

手を抜かないということは、
考えられる可能性を細部まで徹底的にやることです。

 

笑ってると福が寄ってくると言うように、
笑えない雰囲気の場所には、ええコト起こらないですからね〜

免疫上がるし。

 

話が右に左へ行ってる気がしないでもないですが、
15万人を診てきて、治るケースでも、空間が悪ければ治りが遅いし、
治らないコトがあるんですね。

悪い方向に傾いた時の空間の力はかなり強力なので。

埃だらけの空間で喘息を治す為に、
薬を頑張って飲んでるようなもんです。

そら治りません。

 

良い空気を求めて引っ越して、治った人もいるくらいですから、
環境の空間の力とはジワジワと強力なのです。

体を元気にするのも、
ビジネスで勝ち続けるもの、
人と空間と方法論を分けて、どこに『穴』があるのか見極めるコトが大事ですね〜

 

最近は、どの業界でも一発屋が多いって聞くし。

では。
 
 

川瀬のエネルギー研究所

 








 
ポチっと押してくれるとコレ幸い

人気ブログランキングへ

 

別窓で開きます。
こっちも押してくれると..また幸い
にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA