お金が貯まる。金運と財運の違い

こんにちは、流大師の川瀬正記です。

家の鑑定に行っても、店舗のオーナーと話しをしても、セミナーでも、
「お金」の話しは盛り上がります。

今回は、70%の力で勝てる人間になれる「金運」と「財運」の話しです。

 

風水のセミナーで金運のパートになった瞬間から、
まるで蝉が鳴く季節のような熱気を帯びて、
狩りが始まる緊張感を部屋から感じると…

興味性の強さが伝わります(笑)

スクリーンショット 2015-07-31 02.18.49

 

風水のセミナーは経営者の方が2〜3割程はいます。

まだ2〜3割ですけど、海外ではニューヨークタイムズ誌が効果の程を実例付きで報じ、実践、研究機関を設けたりと、日本よりも随分と進んでいます。

金運の話しが始まると目をキラキラと輝かせて、待ってました!と吠える面白い経営者の方がいました。

 

「だってね、もって生まれたモノではどーにもならないんだから、運を上げるしかないじゃないですか」

 

真理を突いてる。

後々何のお仕事をしてるのか聞いてみると、
見た目は40代後半の森のクマさんみたいな体型なんで、建設業かな?

と、勝手な思い込みをしてたら、

なんと見た目に似合わず、
かなりデカイ輸入家具のインテリア関係の会社を経営されてるみたいで。

思わず、インテリア?インテリアですか??と二度聞きしてしまったのであります。

 

色々失礼な話しです。

 

会社には、一部の地域では有名な風水師の方に入ってもらってから、
経営状態が良くなったそうです。
歌手のJUJUさんもお世話になってるそうですね。

でも、その先生はセミナーは開催してなくて、
鑑定してもらっても何も分からないのが嫌だから勉強しにきたと。

商売してる人は効果がスグに直結することが多いので、分かりやすいですね。

そんな鼻息が荒くなる「お金」の話しをします

 

流大師自身は、人の気の流れエネルギーの流れが存在して、
場の雰囲気や、治療しにくい場所、体が軽くなる空間があるのは何でか?

環境の力が存在するのは体感で分かるけど、
明確に分からないのが嫌で興味から始まりましたが、

金運の話しは大好きです(笑)

 

さぁいってみましょう!

そもそも、金の「運」って言うから胡散臭くなると昔から感じていました。

検索をすると金運とか、財運とか出てくるけど、そもそも「運」ってなにか?

運とは明確に何かを定義するより「運の動き方」の話しをしたいと思います。

 

 

運の動き

 

引き寄せの法則で、運は「引き寄せる」モノとも言われてますが、

違います。

 

運がその人を運ぶものだと感じています。

 

運はデザインができるもので、普段からしかるべき準備をして、考え、
スキルを磨き、行動していれば、運がチャンスを「具現化」して運んでくれます。

当然、間違った考え方のもと、正しくない行いをしていれば運はきません。

 

金運をオリンピックで勝つ条件で考えてみましょう。

スクリーンショット 2015-07-31 02.27.08

 

オリンピックで勝つ人と負ける人の「差」は何でしょうか?

・能力やスキルが高い人
・ポテンシャルが高い人
・実績、記録を持ってる人

違います。

オリンピックの舞台に立てる時点で、プロと呼ばれる人は相当な努力をして能力的には「勝てるレベル」の人達の集まりなので、過去の実績なんて関係がありません。

では、勝てる人と何なのか?

 

「70%の力で勝てる人間」です。

 

コンデションやプレッシャーの影響で、
実力が発揮できないなってコトは多々あります。
特にチームや組織的なスポーツなら、全体の見えない「流れ」があったりします。

100%の力で常にいるなんて不可能なのです。

 

しかもシーズンスポーツになると、
常にMAXでいるなんて不可能。もう人間ではない。

バイオリズムのように、良い時も悪い時も必ず波があります。

要は本番で100%の力が出せなくても、120%の準備をして、
70%の力で勝てる準備を努力をしているか?
というコトです。

 

ビシネスでも、スポーツでも、商売でも勝ち続けないとお払い箱になります。
そうならない為には、どんな時でも勝てる準備をしておかないといけません。

そんな時に常にアベレージを高めておく為に「金運」が必要なのです。

商売なら魅力的な商品や、魅力的な人、スキルや実績があれば、上手くいく時もあるでしょう。

でも、「たまたま」では勝ち続けることはできません。

 

 

確か、ヨーロッパの方の格言で「チャンスは前髪しかない」から即座に掴みなさいよ。

というモノがあります。

チャンスの神様がいるのなら「前髪」や「後ろ髪」を掴むことではなく、
追いかけてタックルをかませる強さだと思います。

金運を上げることをしても、スキルや直接的な努力をしてなければ、
何にも始まりません。

努力ありきの金運なのです。

スクリーンショット 2015-07-31 02.14.58

では、そもそも金運とは何なのか?
について話していきましょう。

 

 

金運と財運の違い

 

金運はどこからともなく「お金」が湧いてくることではなく、
スキル、技術、日頃の努力をサポートするものです。

金運は特に「人の縁」に大きく左右します。
現金が舞い込むというかは、お客さんが来る、仕事がもらえる、アポが取れる、成約率が上がるといったものです。

動きのあるエネルギーの象徴が「金運」なのです。

だから、人の動きがある玄関は金運UPに大事だと言われるのです。

 

でも運に運ばれて、お客さんが来ても商品がなかったら当然お金になりません。

 

誰が何も自分にメリットの無いとこにお金を落とすのか?という話しです。
この金運UP法をすれば大丈夫というわけでは無いということです。

でも、動きのあるエネルギーが停滞してるから、
入金が遅れたり、物事が進まないということは大いにあります。

そもそも、動きが悪い環境にいるから、考えがまとまらない、迷いが出る、
決めきれないと、自分自身にも作用し、出費が増えたりします。

どこまでいっても、「流れ」なので。

 

努力してるのに報われないのは、金運を上げる努力をしていないからです。
せっかくお金が入るタイミングなのに、
環境を整えてないお陰で逃してる場合があります。

野球の野村監督が言うように、
『勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし』です。

 

実際に診てると、金運を止めてる、流れを止めてる場合が多くあって、
儲かってることを金回りが良いと言うように、
その場合は、まずは止めてる流れを開けることが最重要なのは言うまでもありません。

 

では財運です。
金回り、動きのあるエネルギーが金運なら、「財運は溜まるエネルギー」です。

財を築くというように、資産や財産が増えるイメージです。
家には「財位」というモノがあるように、金運とは明確に違います。

 

 

金運アップ法

 

住んでる人や、家やオフィスによって、
金運を上げるポイントも、財運を上げるポイントも違うのでコレだ!と言えないですが、
共通して言えるのは、「掃除」をすることです。


動きのあるエネルギーなので、風の動き、空気の動きの邪魔をしないことです。
物を四隅に置きすぎ無いこと、流れる空間を作ることです。

エネルギーは地面を這ってきます。

動きのエネルギーを上げるには、
とにかく床面積をどれだけ広く「見えるように」するか?

これがポイントです。

 

床拭きがかなり大事です。

 

それに、財位が溜まる空間が各部屋にあります。
特にこれは、仕事をするスペースを最重要にしてください。

風水は地形学なので、
物理学のように、机の角をぶつけると、先っちょにかかるエネルギーが集約し、
ダメージも大きくなるように、

形によってエネルギーの溜まる場所は決まってきます。

 

各空間の財位はコレです。

財位

 

ドアが中心になって、向きがいてる方の対角にエネルギーが溜まります。

ここに物を置くのはよくありません。
溜まるとこでもあると同時に、流れる起点にもなります。

 

私も何も知らなかった頃は、
仕事をしていたパソコンを扱う部屋の財位には物を置いていました。

 

知ってから、スペースを作ってみると、一気に部屋の空気が変わりました。

その空間には書類ケースを置いて、
更に上に収納ボックスを置いていて、少し背が高くなってたのが駄目でした。

財位に縁起の良い物を置くのもいいし、
大事にしてるものを整理して置いてください。

30㎝×30㎝くらいの空間で、
大事な物を置く理由は、その方が「意識」できるからです。

 

意識の量が結果を変えますから。

 

 

この財位はド基本の財位なので、
方角を見るスキルも、専門的な知識も必要ではないので、
強力なものではないですが、先ずはここからです。

 

金運アップをまとめると、
70%の力で勝つ為に、アベレージを上げる為には
金運をアップさせることが必要である。

 

その為には、
・床面積を見せて、地脈のエネルギーを流す為の掃除
・部屋の財位を知って、スペースを作る。
・30㎝×30㎝の空間を整理する

 

人事を尽くして天命を待つ。
これは日頃の努力に加え、金運、財運も同時に上げてることかもしれません。

 

運んでくれる力が変わりますから。
 
 

川瀬のエネルギー研究所

 








 
ポチっと押してくれるとコレ幸い

人気ブログランキングへ

 

別窓で開きます。
こっちも押してくれると..また幸い
にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

6 件のコメント

  • はじめまして。ぷくです。
    財位に梁みたいのがある場合は、どう考えたらよかろうか??
    気になったので、コメント残しますm(__)m

    • 流大師の川瀬です。
      コメントありがとうございます。

      結論から言えば、梁があればその場所は財位としては使えないです。
      ズラしてより空間を大きく取るのをオススメします。

      何か縁起物を置くのなら、真上に梁が来ない方がいいです。
      物を置く台は梁の下にあっても直接前上にこなければ良いですね。

      流れ方が確かにドアの対角は変わるので、それが財の気なのか?と考えるとハッキリそうだとは言えないですが、
      他とは違う流れはあるように感じます。

      部屋の雰囲気を結構変えてくれるので、部屋の財位は大事にした方がいいとは思います!

      • 川瀬様
        お忙しい中、
        コメントへのお返事、
        有難うございましたm(._.)m
        広く場所を開けてとか、
        イロイロ試してみますp(^_^)q

  • 財位にピアノを置いています。以前、娘にピアノを習わせていたのですが、今は辞めて全く弾いていません。処分した方がいいのでしょうか?

    • コメントありがとうございます。
      財位の中にも強さがあって。今回、紹介したのは弱い部類ものではあります。

      ピアノはぼくの実家も置きっぱなしでが、使わない部屋に移動させたんです。

      母親曰く、「捨てるのは勿体ない」

      それに、「孫が使うやもしれん」。と。

      図体も大きく高価なものだけど、使用頻度の高い部屋にあるのなら、置きっぱなしはオススメしません。
      普段から目線が行く場所。よく使う部屋には意識が向くので、エネルギーの観点ではよくないです。

      流れが悪くなるので。

      ただ、30畳ある部屋にピアノがあっても邪魔に感じにくくても、
      15畳だと結構邪魔ですよね。

      結局は、空間のデザインの仕方なので、家を診ないで、ただ財運の位置だから捨てた方がいいよ。とは言えないです。

      ぼくが捨てた方がいいですよ。
      そう言って、捨てれるくらいの思いれなら、綺麗さっぱり捨てちゃいましょう。使ってないんだし。

      不要なら捨てるべきです。

      もし、思入れがあって、
      移動させるスペースがあるのなら、
      まだ使い道もあるかもしれませんから、大切にしてはいかがでしょうか?

      ぼくには子供がいて、実家に遊びにいくと、
      たま〜にですが、引いて遊んでいます。

      ピアノを習いたいとは言わないですけどね(笑)

      • ありがとうございます。まさに15畳くらいのリビングに物置として今は使われている状態です。マンションで他に移動させれる部屋もないので、家族と相談して処分するか決めたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA