最高に美味しく、毎日飲む水グラスはこれだ

 

「これは美味しい」と思える、自分史上最高に美味しく「水」を飲めるグラスを見つけたから紹介しようと思う。

 

毎日、炊きたての美味しいお米を食べれたら小さな幸せを感じるように、毎日当たり前に飲む「水」も、美味しく飲みたいと思うのは自然なことでしょう。

脳からの電気信号で身体は動いているから、「水」は沢山飲んだ方がいいですよ。排泄が上手くいくのなら。

 

毎日飲む美味しい水を求めて

 

最高に水を美味しと感じる「グラス」を探し出したキッカケは些細なことで、愛用する手巻きタバコの新しい入れ物を探しに雑貨屋さんに行った時のこと。

ふと、ワイングラスが目に止まった。

ワイングラスは飲み口を薄く設計してある。日本酒を注ぐお猪口も材質や形状で味が変わるから、大吟醸なのか、古酒なのか、純米酒なのか、グラスを変えることで更に美味しく飲めると聞いたことがある。

 

じゃあ。

 

「水」を飲む場合は、どんなグラスが最高に美味しいんだ?

 

こんな素朴な疑問が湧いてきて、「水専用のグラス探し」が始まったのだ。

 

 

水を美味しく感じさせるグラスの材質

 

水を美味しく飲むためのグラスを検索すると色々と出てくる。

 

・キュートなのに大人っぽい。動物モチーフのグラス

・いつものドリンクも気分が変わる、足つきグラス

・お水を美味しく見せる、エメラルド色のグラス

 

ほんとにどうでもいい。

ただただ、水の味を最高に引き出すグラスが欲しいのだ。

 

ちなみに、

水を美味しく飲むためのグラス選びは、水に性質が近い日本酒を参考にして理論を組み立てた。

 

※Foodie(フーディー)画像引用

 

陶器製の容器で特に違いが出るのがビール。材質の特徴として凹凸があるため注ぎ込んだ泡がクリーミーになる。日本酒も同様に容器によって味に違いが出てしまうから、水を美味しく飲むには「グラスの材質」にもこだわる必要がある。

 

水に近い日本酒を元にすると、

・陶器=まろやか
・磁器=すっきり
・ガラス=クリア

といった感じ。

 

水はお酒ほどにトロミがないから、水の味を強く感じるグラスの材質選びは、迷うことなく「クリアな味が楽しめるガラス素材」一択となった。

 

 

水を美味しく飲むための形状

 

次に、最高の水グラスを選ぶ基準で考えるねきことは、飲み口の「形状」だ。

これまた、Foodieさんから画像をお借りすると一目瞭然。

 

 

舌には味覚を感じる乳頭があり、舌全体と喉や軟口蓋(上顎)にも味覚を感じるセンサーは存在するんです。

飲み口に傾斜をつけた「ラッパ型」は、口の中に「水分」が広がりながら流れ込むため濃厚に感じる。逆に、飲み口が「ストレート型」だと、喉へ向けて流れ込む勢いが増して、口の中の「水分」が滞在する時間が減りスッキリ感じるようになる。

 

つまり、選ぶグラスの飲み口の形状で、舌が持つ「味覚」の感じ方が変わるのだから、「味覚」について簡単に触れていこうと思う。

 

つい最近まで正しいとされていた誤った味覚の分布図があって。

 

 

例えば、苦い物を舌先に置いたら感じないかというと当たり前に感じる。

この図は心理学の偉い学者さんが発表して、権威あるメディアに載ってしまったことから否定しにくい空気のまま最近まで当たり前になっていたらしい。

この図は誤りで、味覚は舌全体で感じるもの。それに、先ほども言ったように「喉と上顎」にも味覚を感じる乳頭が存在する。

 

ビールのCMで「のど越しうまい!!」って宣伝をやってるのは、喉にある味覚を強調させるための刷り込み効果と、勢いよく喉の味覚を刺激したいから。

水もビール同様に流し込むように飲むことが多いことから「ストレート型」の水グラスに合う可能性が出てきた。

しかし、砂糖のように強い味やクセがない「水」は、より濃厚に味を感じ取れる「ラッパ型」の水グラスも、水を飲むには適してるように思う。

 

つまり、

・水が舌全体に水が行き渡る「ラッパ型」のグラスが望ましいのか?

・水が喉に勢いよく流れ込む「ストレート型」が望ましいのか?

 

2種類を比較検証する必要があると考えて、厳選した2つのグラスを購入してみた。

 

そして、

水が持つ本来の味を味わうには、ガラスの薄さは薄ければ薄いほどいい。

ガラスに厚みがあると、雑味の少ない「水」の味をぼかしてしまうから、味を求めるなら薄いガラスで飲むべき。衝撃に弱くなるというリスクは爆上がりしますけどね。

 

毎日飲む水を美味しくする2つのグラス

 

まず、一つめ。

 

 

「MIZUグラス」

値段 2,300円

 

実は、水グラスを探して出してすぐに「MIZUグラス」を発見していたけど、「水専用グラス」と名乗るだけの理由と情報が乏しいために散々調べることになった。どれだけ時間を要したことか…

 

「MIZUグラス」には2種類あり、

 

 

 

 

 

 

 

 

飲み口の形状は同じだけど、持ち手が違う。

 

女性的な印象をイメージして造られている「華」モデルが左

男性的な印象をイメージして造られている「粋」モデルが右

 

※後日、女性的なグラスのも購入してみたが、水が一気に流れ混む「粋」の方が美味しく感じた。

持ったら分かるが、グラスの厚みは薄い。飲み口がいい感じに広く傾斜がついていて、口いっぱいに水が広がり舌にある乳頭が喜びそうだ。

 

 

毎日飲む水が美味しくなるなら2300円は安いと思う。このグラスは「生涯添い遂げるグラスシリーズ」の一つとして有名らしく、割れても交換してくれるとのこと。

 

「それはめちゃくちゃお得やん!!」

 

って、思ったら、初回1000円+送料がかかるらしいから、新品を買い直すのと大差ない。この制度を利用することは無いだろう。

 

2つめ。

 

 

「うすはりグラス ビアタンブラー」

値段 2,160円

 

ガラスメーカーの老舗中の老舗で、名前の如くめちゃくちゃ薄い。写真じゃ分かりにくいけど、すぐに割れんじゃね?ってくらいに薄い。

 

 

「NIZUグラス」も薄さを謳ってたけど、薄さ勝負では「うすはりグラス」が圧勝。

 

綺麗な「ストレート型」の容姿から、水をグビグビ飲めよと言わんばかりの美しいフォルム。

 

薄さは、「うすはり」に軍配が上がる。

「MIZUグラス」は広い飲み口と傾斜がついて濃厚な味を感じれそう。

材質は共に「ガラス」で価格も2つほぼ同じ。

 

そして、更に比較をしやすくするために、値段が500円くらいのグラスも加えて飲み比べをしてみた。

 

グラスで水の味は変わるのか対決

 

 

左→名前も知らない500円くらいのビアグラス

中央→「うすはりグラス」は、極薄で飲み口は丸型

右→「MIZUグラス」薄いグラスで飲み口が広い

 

色々試したが、水の味比べをするのに最適なのは「水道水」だ。誰がなんと言おうと不味い。不味いグラスの方が味が際立つから分かりやすい。

 

先ずは無名のグラスで飲んでみた。

何と言ったらいいか…水道水の味。美味しくもならず、不味くもならない。普通に水道水らしい臭さが口の中に広がった。特徴がなさ過ぎてコメントの仕様が無い。500円とはいえお金を出す理由が見つからないという感想。

 

次は「うすはりグラス」で飲んでみた。

これまた不思議。理屈は全く分からないけども、水に丸みが出て「水道水の臭さが減りスッキリした味わい」になる。水の流れ込み方が特徴的で、舌の先端から縦に口の中が埋まるように勢いよく入って喉に水がぶつかる感じ。

水の味がダイレクトに伝わる感覚で水道水が美味しく感じた。このグラスは大きめLサイズで500mℓくらい入る。大きいグラスで飲むと1日の飲む量が増えるから、そんな利点もあるグラス。

 

最後は「MIZUグラス」で飲んでみた。

面白い。飲み口が広いから舌の両端まで水が口いっぱいに流れこんで頬から喉に染み渡るように水が入ってきた。

 

うん。「水道水の臭さが増幅」してる。

びっくりするくらいに臭く不味くなった(笑)

 

舌全体に水が広がり、口の中の全ての味覚を刺激して、良くも悪くも「水道水」の味を引き出し水本来の味を僕にぶつけて来たグラス。

 

 

毎日使いたい最高の「水」グラス

 

さっきは、水本来の味を知るために「水道水」で実験したけど、設置している浄水器でも3つのグラスで飲んでみた。

やっぱり普段飲んでる「水」が最高に美味しくなることが目的なんでね。

 

その結果、

 

最も水を美味しく感じたのは、ズバリ「MIZUグラス」でした。

 

水が舌に触れる面積が大きい方が、水の甘みが濃厚になり美味しく感じる。そして飲みやすい。ストレスレベルでも「MIZUグラス」の方が体感でよかった。

 

無名のグラスは全く勝負にならずで。

「うすはりグラス」は、水をクリアに感じて旨味も強いけどガラスが薄過ぎるせいか、口の端にガラスの主張を強く感じてしまい違和感があった。

水の味云々よりも、食事で例えるなら「食感」が「MIZUグラス」よりも悪く感じましたね。

 

でも、僕が敏感過ぎるせいかと思い、僕以外の人にも飲んでもらい味や飲み口の違和感に対して意見を求めた結果…

 

「私はうすはりの方が水の味がクリアに感じて好き」。だと言っていた。

 

なるほど。

 

僕が、「グラスが口の端に触れる感じ気にならない?」と聞くと、「全然」と、返ってきた。

まぁ、好みや感じ方は人それぞれ。ということで(笑)

 

水を美味しく飲むグラスの3大要素

 

これまでのことを纏めると。

 

1材質は、クリアな飲み物を向いている「ガラス製」

2形状は、舌全体に行き渡る「広い飲み口」と「傾斜」が必要

3ガラスは薄いほど水をクリアに感じる

 

書き出すとシンプル過ぎて悲しくなるが、ここまで行き着くのに相当な時間を要したのを分かって欲しい。全ては「最高の水グラスを探す」ため。

巷には数え切れないほどのグラスが存在しているけど、材質や形状から絞り込み、手頃な価格帯であることも加味した、2つのグラスは激しくオススメすることができます。

 

僕の感覚では「MIZUグラス」が一押しですね。

 

てなわけで、2つのグラスのリンクを最後に貼って終わりにしたいと思います〜。

水への探求はまだまだ続く。

 

「MIZUグラス」

公式サイト
https://shop.cleansui.com/mizuglass/

刻印を入れたい人はこっち
https://a.r10.to/hIOjBC

 

「うすはり ビアタンブラー」
https://a.r10.to/hf9qTA

 

では。

 

水分調整に必要な腎臓の排毒の仕方を説明しています。

湿気と腎臓の記事はこちら

 
 
 

川瀬のエネルギー研究所

 








 

ポチっと押してくれるとコレ幸い

人気ブログランキングへ

 

別窓で開きます。
こっちも押してくれると..また幸い
にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA