瞑想の型と朝からのアゲアゲTime

おはようございます。流大師です。

今朝も人を集めて座禅瞑想会をしてたんですが、
モーニングな時間にも関わらず人数も少し増えてきていい感じです。

 

中でも体験者の声で多いのが「1日に時間が長く感じるようになった」これが1番ですね。

 

早起きしてるんだから、あたりめーだろ。
と思うかもしれないけど、

1日の中で最もエネルギーが高くて、
テンションがぶち上がるのが朝です。

つまり、
一番めんどくさい優先的にやる時間なんです。

 

時間の緊急度でタスクを決める方法もあるけど、
作業効率を考えてエネルギー消費量でタスクを決めたら、

難易度を基準にタスクを決めて朝にやることをオススメします。

 

座禅瞑想会の人は、朝からシフト帳を作ってみた人がいて、
あんなにめんどーたのが、不思議とサクサク進んだと。

難易度や、嫌なコトをやるを、脳の「前頭葉」の働きが活発になって、
逆に集中力が散漫になりやすいんです。

 

単純作業の領収書の計算とか、繰り返し作業をしていると時間の流れ方があっと言う間で、
逆に頭を使うこと、創造力を駆使することは集中力が削がれるので、

 

エネルギータスクで時間を決めるのもいいですよ。

 

ではでは、
タスク的な話しをした記憶が無いような気がしますが(笑)
前回の瞑想の音声に続き、

「瞑想の仕方と型の重用性」(13分くらい)

です。よかったら聞いてください。
ではでは。
 
 

川瀬のエネルギー研究所

 








 
ポチっと押してくれるとコレ幸い

人気ブログランキングへ

 

別窓で開きます。
こっちも押してくれると..また幸い
にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA